HOW OLD ARE YOU?

若く見える人には「ヒミツ」がある。
老けて見える人には「原因」がある。

“体内年齢*1”は見た目年齢*1を映し出す鏡

年齢のわりに見た目が若々しい人、老けて見える人、その差はなんだろう?
同じ歳の人にそう感じたことがある人、いませんか?

実はその原因は、“体内年齢*1”にありました。
私たちと一緒に、体内も歳をとっていきます。
そして気づかない間に実年齢より急速に進んでいきます。

HOW OLD ARE YOU? は、見た目年齢*1に着目しました。
これからのケアで大切なのは“体内年齢*1”です。

あなたの体内年齢*1 、見直してみませんか?

こんな方にオススメ

  • 不規則な食生活の方
  • 食生活が偏っている方
  • 最近、年齢を感じてきた方
  • 健康が不安な方
  • 魚不足が気になる方
  • 運動不足を感じる方

体内年齢サポート成分

EPA・DHA

EPA・DHA

体内ではほとんど作ることのできないオメガ3系脂肪酸。

エゴマ油・亜麻仁油

エゴマ油・亜麻仁油

オメガ3系脂肪酸のα-リノレン酸を含む植物油。

シトルリン

シトルリン

スイカなどのウリ科植物に含まれるアミノ酸のひとつ。

実はEPA・DHAは不足しがち!?

日本人の“食の欧米化”に伴い魚離れが進み、魚の摂取量は減少傾向へ。
また、加熱すると青魚のDHA・EPAは失われてしまいます。

厚生労働省が、オメガ3系脂肪酸の摂取を重要視。

厚生労働省は、国民の健康維持・増進などを目的とした
「日本人の食事摂取基準(2015年版)」の中でオメガ3系脂肪酸の1日の摂取目安は、
成人男性で、2.100mg、成人女性で、1.600mgを目安としている。

医師も注目の体内ケア。
今、血管力が注目されています。

医師注目商品

大竹 真一郎 院長 おおたけ消化器内科クリニック

大竹 真一郎 院長
おおたけ消化器内科クリニック

加齢によって見た目だけでなく、血管も気づかないうちに老化していきます。
実は血管の老化により皮膚のしわやたるみなどが悪化し、さらに見た目が老けて見えるようになるといわれています。

見た目を若く保つ、つまり血管を若く保つことが重要です。

血管力は加齢だけではなく、生活習慣にも影響されます。

最近ではオメガ3と呼ばれる脂肪酸が血管力を高めるのに効果があることが分かりました。青魚に豊富に含まれている『EPA・DHA』からも摂取できます。

※血管に対する医師個人の感想です。

見た目年齢※1は、体内年齢※1で決まる。

  • EPA 170mg
  • DHA 152.4mg
  • α-リノレン酸 151.8mg
  • シトルリン 600mg

※1 若返り効果を示すものではありません。